実際に使う人の気持ちに立って考える大人用おむつの選び方とは

サイトマップ

大人用おむつ

大人用おむつの選び方について

高齢社会において、排泄ケアへの需要、関心が高まり、ドラッグストアでも多数の商品が並んだり、テレビCMでも消費者が恥ずかしくなく、抵抗感なく取り入れられるように有名タレントを使ったり、明るいイメージで放送されていると思います。ただ、商品がたくさんありすぎて何を選ぶのがいいのかわからないと思います。適切な大人用おむつを選ぶことで使用者の生活の行動の幅が広がり、精神的にも良い状態でいられます。介護者にとっても負担が軽減され、頑張らなくていい介護に近付くことができると思います。
選び方のポイントとして、身体の状態から失禁の程度を軽度(自立している)、中度(時間はかかるが一人で歩ける、介助があれば歩いたり立ったり座ったりができる)、重度(寝て過ごすことが多い)に分けて、状態に合わせた形状のおむつを選択すると良いと思います。
軽度の人には失禁ライナー、失禁パッドを、中度の人にはパンツタイプ、重度の人にはテープタイプを選びます。軽度の人向けの注意点は、決して生理用ナプキンは使わないことです。吸収帯の性能が全然違うので尿や臭いの吸収力が全く異なります。
中度、重度の人向けについては、サイズと厚さ(排尿回数)の選択が重要です。パンツタイプはウエストで、テープタイプはヒップでサイズを選びます。また、パッドと併用することで、交換の手間と頻度が軽減されるのと、経済的にもお得になります。

ピックアップ

一覧へ

コンテンツ一覧

Copyright © 2017 実際に使う人の気持ちに立って考える大人用おむつの選び方とは All Rights Reserved.