実際に使う人の気持ちに立って考える大人用おむつの選び方とは

サイトマップ

大人用おむつ

大人用おむつの現状について

おばあさん

大人用おむつの市場は現在急速に発展していて、その市場は5年前の約2倍と言われています。大人用おむつは高齢者だけでなく比較的若い人たちにも使われ始めています。例えば長時間トイレに行くことのできない運転中に大人用オムツを使うことで、万が一の場合におもらしすることを防ぐことができます。タクシーの運転手や長距離トラックのドライバーに使われておりその需要はますます増えていく傾向にあります。
大人用おむつをドラッグストアやスーパーで買うのは非常にためらわれます。そのため近年おむつは誰にも知られずに買うことのできるインターネットショッピングを利用される方が多いです。実際の店頭で買うよりインターネットで買った方が安い場合もあるのでますます利用者が増えているのです。
大人用おむつは赤ちゃん用のオムツと違って尿の排出量や大便の量がかなり多いので水分の吸収力がとてつもなく大きいです。最近は吸水ポリマーの技術もかなり進化しているので、とても薄いオムツなのにも関わらず数百ml単位の尿を吸収できています。それだけでなく消臭技術もかなり発達していて、特殊な繊維をオムツに練り込むことにより、尿の中に含まれているアンモニア臭を消すことができたり、大便の臭いを消すことも可能です。

大人用おむつを使う人の気持ち

大人用おむつは薬局やスーパーにたくさん並んでいます。これらは自分でトイレに行けなくなった介助の必要な高齢者などに使用します。
しかしおむつというのを大人が使うにはかなりの抵抗があり、体は弱っても頭がしっかりしている高齢者の方はこのおむつを使うことで気持ちが沈んでしまうようです。誰もが出来れば自分で自分の足で立ってトイレに行きたいし、用を足しているところを人に見られたくありません。でも体が不自由になって自分で行けなくなってしまった場合、周りの負担を減らすためには、大人用おむつを使用せざるをえません。
こんなとき少しでも使用者の気持ちの負担を軽くしてあげるように、「こんな便利なものがあるんだから使わないなんてもったいないよ」や「苦労してみんなに担いでもらってトイレに行って申し訳ない思いをするより、おむつにしてしまった方が気が楽だよ」と言葉かけをしてあげるのも大切なのではないでしょうか。
今のおむつは赤ちゃんのおむつ離れが大変になった理由にもなるぐらい、かなり改良されて小用をしても気づかないほどさらさらしているんです。なので大人がおむつを嫌がるのは濡れて気持ちが悪いからではなく、やはり気持ちの問題ですね。大人用おむつというのではなく、紙パンツといえば高齢者の方への抵抗も少なくなるかもしれませんね。

大人用おむつは配達をお願いすると便利

大人用おむつを購入するときにネックになるのが、大きさです。おむつ自体は紙でできているため重さはさほどありませんが、それなりの大きさになるので車で買い物に行けるという人はともかく、自転車や徒歩で買い物に行くしか方法がないという人にはネックになります。
また、ほかにも欲しい商品があったとしても大人用おむつを購入するために荷物を持つことができず、あきらめてもう一度買い物に出直さなければならないということもあり不便です。そのほかにも大人用おむつを購入している姿は知っている人に見られたくないと抵抗を感じる人もいます。
そこで便利なのが大人用おむつの配達です。20~30枚入りのタイプであれば2個からなどと個数の指定があるお店もありますが大手スーパーやドラッグストアなどで配達をしてくれるサービスがあります。配達料も無料としているところも多く、持ち運びに煩わしいと感じるサイズの大人用おむつだけに、いつも利用しているスーパーやドラッグストアにそういったサービスがないか確認してみると良いです。配達にすることで買い物の手間や、買い物の回数も減らすことができ、ほかのことに充てる時間を少しだけ作ることができるかもしれません。

ピックアップ

一覧へ

コンテンツ一覧

Copyright © 2017 実際に使う人の気持ちに立って考える大人用おむつの選び方とは All Rights Reserved.